梅雨明け金澤 訳あり散歩


Click to rate this post!
[Total: 1 Average: 4]

梅雨開けの炎天下、快適な散歩道を見つけました。
距離も程良く、強烈な真夏の日差しを避けて、その上とても涼しい。最高の散歩道です。
そんなお誂え向きの散歩道まで行くには、多少の不都合もあり、努力が必要です。でも体に負担の少ない快適さには勝てません。

コンクリートの独特な匂いなどもあるような気がします。その上、車の排気ガスの影響も少しは心配ですが、気にしなければ何とか我慢できる程度です。もしかすると有害物質が含まれているかもしれませんが、それはそれで、老い先も短く、得意の思考停止ということで無視することにしています。

卯辰山を貫く「卯辰山トンネル」は、全長約1,200m。往復するとかなりの距離の散歩が出来ます。車道と歩道は完全分離で、隔壁もしっかりしていますから、騒音などもさほど無く、24時間365日明るい照明が灯され、随所に監視カメラもありました。

女性や外国人の方が、ジョギングやペットの散歩をしている姿も見かけます。

涼しい散歩道を抜けて、美味しい空気を吸いながら見上げる炎天の空には、遠くに涼しげな髙三郎を望むことができました。

雨がシトシト降る道や、降り積もった雪道、炎天下の道を歩く散歩には慣れていましたが、「卯辰山トンネル」の歩道は本当に有り難い散歩道です。

身辺の日常を写真で捉える金澤散歩の趣旨から見ると、殺風景なトンネル散歩は邪道の極みのようですが、この時期の金澤散歩の一つの抜け道のような、とっておきの道を見つけたような気がします。
視点を変えて探してみると、秘密にしておきたいような素敵な「金澤散歩道」は、他にもあるような気がしてきます。

JSNレンタルサーバー

Our Score
shio-g
  • shio-g

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。